中国ドラマ☆宮廷女官若曦 1~8

第1話~第8話まで観た感想を少々・・・出演者についてはこちら
画像

画像観始めたきっかけは、康熙帝演じる
ダミアン・ラウだったのですが(笑)
なかなか出てこない(笑)出てきたと
思ったら、なんだか怖そう・・・
でも、実は好いお父さんで、
若曦を気にいっているので
観ていてもファンとしては嬉しい♪
なのに8話の最後で・・・
次回が気になる!!

単純に、歴史ドラマとして当時の
後継ぎ争いを観るよりも
タイムスリップしてしまった現代の
女性を紛れ込ませることで
それが身近に感じられ、恋愛ドラマとしても楽しめ、一気にハマりました♪
豪華で華やかな衣装やセット(中国浙江省にある横店影視城)も好いですね~
若曦が第8皇子と初お目見えする際に正装するのですが、
着るシーンはなかなか興味深い・・・
下には巻きスカートみたいのを着けているのですね。
チョッキみたいなを上に着て、えりまきみたいのも?
じっくり観たいね~男性のもなかなか、観応えがあります。
第8皇子、水色にも見える(?)グレーが爽やかです♪
13皇子の緑系も好いし、第4皇子はお好きな紫・・・
政務用の黒のも好いね♪ただ・・・皇子たちがそれぞれ
違う色のを着てずらっと並ぶと、
戦隊物のヒーロー勢ぞろいみたいに見えてしまうのだけど・・・
それって、やっぱり失礼かな(笑)

ドラマの作りもいきなり入れ替わっているのが好いいわ♪
過去の時代だから、見覚え、聞き覚えは何となくあって、
現実だと割り切ったら、すんなり受け入れるのが凄いなぁ(笑)
言葉使いとか、変わらないのかな?まぁ、突っ込みは
いろいろあるでしょうが(笑)手紙、読めないのがリアルで
面白かったぁなぁ・・・古文書みたいだったのね(笑)
お姉さん、優しい人で好かったね~お世話する子も
楽しいし・・・リアクションが可愛い♪
それにしても、この時代の出来事や、康熙帝の
皇子たちのことをこと細かく知っていたとは、
中国ではこの後継者争いは有名だったのね。
皇子たちの名前、難しいので数字でいいかな(笑)
実際には皇子は35人(成人24人)もいたそうだから
名前で呼ぶより解りやすいのは確かですね。
の前に、お妃が34人ほどもいたみたいですから
えらいことです(笑)
後に皇帝となる第4皇子は4(よん)さまと
日本のファンの間では呼ばれているらしいです(^^)
演じているのは元(今も?)アイドル、ニッキー・ウー[呉奇隆]。
後の皇帝となるお方だけあって、落ち着いた感じ・・・というか、
静かすぎて怖い感じがしますが・・・思慮深いというべきか?
でも、行動は結構大胆です(笑)いきなり、行きますか?
う~ん、若曦の態度はやっぱり誤解されちゃうかな?
画像
第8皇子も彼女に好意を持ってるようだし・・・どうなんだろう、本心は?
画像
主人公・若曦の姉は第8皇子の側室になってるのですが、
この二人の関係も複雑で・・・
正室の明慧は予想違わず意地悪そうな感じです(笑)が、
彼女の立場もね、考えるとかわいそうだな。
8話までに主要人物が揃い、関係も理解できたところで
皇太子を廃することに・・・いよいよ争いが?

・・・しかし、あの事故は
普通じゃ考えられないような気がするが・・・そのくらいじゃないと
タイムスリップもしないか(笑)
そうそう、気になるシーンがありました。
辮髪のしっぽ部分を抑えるため、男性が腰の後ろに手を置いているように
見えたシーンがあったのですが、以前からどうして後ろに手を置くのかな
って思っていたので、そのせいかな?って観ていて思いましたが、
清朝もの以前のものでもあったから、違うかな?どうなんだろう?
                
                     第9話~第12話感想

あらすじ(番組HPより)
第1話 時空を超えて
張暁は北京に住む25歳の女性。ある日、恋人とのケンカが高じて交通事故に巻き込まれてしまう。ところが目覚めた先は、なんと300年ほど前の清朝、時は康熙帝の時代であった。
タイムスリップしてしまった彼女は、馬爾泰将軍の次女 馬爾泰若曦だと言われる。康熙帝の息子で八賢王と名高い第八皇子の側室 若蘭の妹であり、数ヵ月後 皇帝の妃選びのために第八皇子の屋敷で暮らしていたのだ。こうして張暁は価値観も生き方もまったく異なる清朝で、若曦として生きていくのだが…。2月11日


第2話 来せば安んず
タイムスリップで現代へ戻ろうと馬の前に飛び出した若曦だったが、寸前のところで馬が止まる。馬上の相手はなんと次期皇帝 雍正帝の第四皇子だった。第四皇子は若曦が死のうとしていたのではないかと疑問を持つ。優しい姉の若蘭、気品ある第八皇子、陽気な第十皇子、侍女たちとも打ち解けはじめた若曦だが、第八皇子の正室の妹 明玉から因縁をつけられるのだった。
そんな折、第十皇子の誕生日の祝宴が開かれることになり、若曦を気に入っている第十皇子の至っての希望により、若蘭の計らいの元 祝宴が執り行われることになる。2月12日


第3話 命知らずの十三妹
第十皇子の誕生日の祝宴が行われ、皇子たちが一堂に会する中、若曦は第十皇子を連れ出しお祝いのサプライズを用意する。ところがその後 明玉と鉢合わせ 揉みあいとなった2人は池に落ちてしまう。若曦は泣きじゃくる明玉を一喝、その豪快さが都中の噂になる。
一連の騒動ですっかり若蘭を怒らせてしまった若曦は涙を流しながら許しを請い、ようやく姉妹は仲直りをする。だが若曦の武勇伝は康熙帝の耳にも入り、若曦は宮中で開かれる皇族の中秋の宴に招かれることになるのだった。2月13日


第4話 与えられる運命
中秋の宴で康熙帝から第十皇子と明玉の結婚が告げられ、若曦はショックを隠せずにいた。同時に第十皇子も酒におぼれ参内もしない毎日を送っていたため、第十四皇子は若曦に第十皇子を慰めるよう依頼、若曦は第十皇子に現実を受け入れるよう勧める。
第十皇子の結婚式当日、若曦は自分と同じように落ち込んでいる第十三皇子から誘われ、2人で酒を酌み交わし ようやく普段の気丈な自分を取り戻すのだった。
そんな折、皇太子から馬術競技の招待状が届く。姉 若蘭の悲しそうな表情を見た若曦は疑問を抱くのだったが…。 2月14日


第5話 馬上に消えた恋
馬術競技の当日、皇太子や皇子たちが見守る中、馬術を誇る明玉は華麗な腕前を披露したうえに、馬に乗れない若曦を挑発する。すると今まで馬にさえ近づこうとしなかった若蘭が若曦に代わり馬術を披露、その華麗な姿に会場は大いに盛り上がり、第八皇子も出会った当時の若蘭の姿を思い起こす。しかし少しもうれしさを見せない若蘭と、とまどった表情を浮かべる第八皇子の様子を変に思った若曦は、後日 若蘭より当時の自分の恋人を死に追いやったのは第八皇子だと知らされるのだった。

第6話 いざ紫禁城へ
新年も明け、いよいよ若曦が皇宮入りする日が訪れた。姉の若蘭と名残惜しい別れを済ませ、第八皇子に見送られた若曦は外界と遮断された紫禁城に身を置くことになる。
その頃、皇子たちはそれぞれの立場を利用してなんとか若曦を妃候補から外してもらうように画策していた。ところが若曦が妃になることで自分の地位が脅かされることを恐れた明慧もひそかに動いていたため、若曦は妃には選ばれることはなかったものの、皇帝に茶を献じる宮女として仕えることを命じられる。それを知った第八皇子は保身に走った明慧に大激怒し…。


第7話 草原の出会い
皇太子と第八皇子一派の争いが水面下で激しさを増す中、第四皇子の助言を得た皇太子は康熙帝に進言、塞外への親征に皇子たちも同行させる一方で第八皇子一派には留守役を申し渡す。親征先では蒙古王を歓迎する宴が開かれ、蒙古王の娘 敏敏が美しい舞を披露し、康熙帝を大いに喜ばせる。
親征に随行していた若曦は、趣向を凝らした茶器で康熙帝より乗馬を習うことを許される。若曦は第十三皇子に乗馬を教えることを承諾させ約束の場所へ向かうが、そこへ現れたのはなんと第四皇子だった。


第8話 父と息子
またも第十三皇子の乗馬の訓練に代わって現れた第四皇子に、若曦は突然口づけされてしまう。未来の皇帝ということで気遣っていたことを好意と取られたことに、若曦は腹立たしさを感じるのだった。
そんな折、第十八皇子の病状が悪化、第八皇子は子供を思う康熙帝の情を読み取り早馬を遣わせる。息子の病状で心を痛める康熙帝をよそに、皇太子の傲慢ぶりは日増しに度を増していった。そしてついに康熙帝の堪忍袋の緒は切れ、皇太子を廃位にしようと決断する。

この記事へのコメント

  • 涼子

    ひらで~さま&チームの皆様

    (何のチームだかわからなくなってきました)
    このサイトは毎日見ていたのですが、いかんせん忙しくて(お仕事が・・・今までこんみんにはまってさぼっていたツケか?)コメントできませんでした m(__)m

    しかもやっと新三国以降の生きがい『ジャクギ』を見つけたのに、録画鑑賞が追い付かない!その上今回の記事・・・気になって仕事が手につかない!(見たいよ~~)

    華やかな戦隊ヒーロー(でいいですよね、ひらで~さん)状態のイケメン皇子軍団はそりゃあ素敵なのですが、私には珍しく?特に誰にはまっているというわけでもない。なのにこのはまり様は、やはりキャラとストーリーでしょうか。ダミアン・ラウは初めて知りましたが、むしろ『めんどくさいオヤジ』役だった方に興味がわきました(八人の英雄?)。

    くだらないことをコメしている暇にさっさと仕事をして、ジャクギの録画を見て、「王になった男」を見に行くのが今の私の夢・・・

    代わりに『夢・孔明』をちょっとだけ見て、土曜日返上のお仕事を頑張ります。
    2013年02月23日 12:28
  • ちはる

    ひらで~さま、皆様こんばんは。

    ひらで~さまと涼子さまオススメの『イ・サン』を観始めたらハマってしまいました。子役ちゃんが可愛くて可愛くてキュンキュンしながら観てます。ようやっと、子役から主演俳優さんに変わりました(笑)これからどうなって行くのかしら?

    ひらで~さまが見始めたきっかけがダミアン・ラウさんだったんですね(*^^*)

    私はたまたま何も知らずに観ていたらダミアン・ラウさんが康熙帝で登場した瞬間キャー♪と思わず叫んでしまいました(笑)

    皇子たくさんいますよね。お互い名前で呼びあってないので、どうしても4様とか8爺とか番号だけ覚えてしまい。名前は忘れてしまいます。

    主人公も日本語では若曦と書いてジャクギですが、発音を聴いてるとルーシー?ルォシー?ですし、彼女をなんて呼べばいいんだろと思うときあります。

    主人公は中国版歴女みたいですから、一般の中国人よりは歴史に詳しいでようですね♪もし、私がタイムスリップで三国時代へ行ったらとか考えちゃいました(笑)

    こんみんが過労死しないようにと奮闘するだろうなぁ~とか龐統が死なないようにような策を考えるだろうなと妄想してしまいます。
    2013年02月23日 19:01
  • さっちゃん

    ひらで~さま 皆様久しぶりです。
    やっとこジェットコースタードラマ(死語ね)から実生活が解放されました。

    まずご報告から

    秋乃茉莉(あきのまつり)さんのマンガで「華佗風来伝」全2巻を見つけました。曹操も出てきます。
    そろそろ「孔明のヨメ」2巻が出ますのでお忘れなきよう。

    「クィーンズ」を見終わりまして、結構間が抜けていたのでDVDでじっくり見ていたらなんと1話目にあの鯉の泳ぐ池が出てきました。孔明が立っていてKYな劉禅が「魚を見ていたのか」というあのシーンです。
    池の後ろにお琴を弾いていて絃がが切れた・・・あのシーンの建物も出てきます。
    驚いた。

    「孫子兵法」も順調に見ています。「始皇帝ファーストエンペラー」も見終わり、中国と日本合作のアニメ「三国志演義」も見終わりました。
    みているというか中国語の勉強のようです。画面見れなくて。

    年始からインフルエンザが家族に回り87になる母が軽い肺炎になり少し入院。
    ダンナが冬休みだと帰宅したのですが2週間の休み。片付かない!!
    それと最悪なことにまた3月から別の国に海外転勤が決まり大騒ぎ。手伝いに行けないので自分でやるようですが・・・
    ついでに私が健康診断に引っ掛かりまたもや大騒ぎ。再検査ありです。
    28日に53歳になる私・・・54歳は鬼門かな??
    すごい恐怖と戦っています。

    ひらで~さま

    以前動画で怪しく笑えるの訳していただきましたよね?
    あの男の子たちが歌っている動画削除されました。
    あとは別の女の子が歌っているあの曲がわかりません「愛是神馬」と書かれているのですが・・・

    ついでによく使われるコミカルなノリの曲がわかりました。
    あの音は「琵琶」なんですね~~

    再検査終わりましたらまた書き込みます。
    今年もよろしゅうです。
    2013年02月23日 21:39
  • さっちゃん

    お好きな方はどうぞ。ということで
    没後10年
    レスリー・チャンの絶版写真集が復刊されます。
    3冊です。
    詳しくは「復刊ドットコム」で。

    復刊されたものは少し高いですが気中なものが多いのでお勧めも多いです。
    2013年02月24日 14:29
  • ひらで~

    涼子さん♪
    お仕事、ご苦労様です。
    今日はお休みかな?
    録画したのを早く観ることができると
    好いですね・・・でも家族もお休みだと
    難しいですね。

    皇子たち、並ぶとね、色もカラフルで
    どうしても、そう見える(笑)
    でもヒーローですからカッコいい♪
    誰が好いかは、まだ・・・かな。
    皇帝ですね、やっぱり(笑)ダミアン、
    素敵な皇帝です♪
    「八人の英雄(ヒーロー)」のダミアンは
    面白い人ですから、機会があったら
    観てください。ストーリーは変ですが(笑)

    『王になった男』、私も早く観に行きたい!
    今日も朝から大雪・・・でも仕事だったから
    どの道行けなかったけど(^^;)
    2013年02月24日 15:40
  • ひらで~

    ちはるさん♪
    「イ・サン」に、既に落ちましたか?
    イ・ソジンより、子役の方で?(笑)
    なんであんなに可愛かったのに
    大人になったらこんな・・・って
    感じかな(笑)『ケベク』でもそうでした
    から・・・でも、観ているうちに
    カッコよく思えてくるから不思議(笑)

    第8皇子は8爺なの?中国語のままの
    パーイエ?もしかしてハチジイ?(笑)
    日本だと8と言えばハチベーとか
    はっつぁんとかが有名だけどね(笑)

    若曦の発音は〔rě xī〕なので
    ルォ・シーが近いかな?でもルはラとルの
    間のような感じですかね~
    若曦を無理に日本語読みにしなくても
    いいのにって、思いますが、どうして
    中国人の名前は日本語読みに
    するのかな?韓国語は普通に
    韓国語読みなのに・・・

    もし三国時代へ?わぁ~♪
    それは妄想し甲斐がありますね(笑)
    2013年02月24日 16:28
  • ひらで~

    師匠~♪
    お久しぶりです!!!

    早速の情報、
    ありがとうございます。
    「華佗風来伝」早速調べてみます♪
    「孔明のヨメ。」、忘れてませんよ~

    古装ドラマは上にも書きましたが
    横店影視城という、日本で言う
    太秦のようなところで殆ど
    撮影されているようですね。
    同じような建物や庭が出てくるのは
    仕方ないみたいです。
    中国の歴史ドラマ、たくさんありますね~
    こちらではチェン・クン見たさに、
    「争覇 越王に仕えた男」を観ようと
    計画中(笑)

    師匠~のお宅ではいろいろ大変だった
    ようですが、一度に来るのは
    応えますね・・・再検査、何もないことを
    祈ってます。無理せずに・・・。

    過去に挙げた動画・・・削除されてます?
    どうしたのでしょうかね~
    「愛是神馬」、調べてみますね。
    「三国」関連の動画の情報更新もしなければ
    って、思っているのですが、なかなか
    手(目?)が届かなくて(^^;)

    28日はお誕生日♪
    ちょっと早いですが、
    おめでとうございます
    ちなみに、明日25日は下の娘が
    14歳になります・・・反抗期真っ直中!
    でも、反応が面白いので、楽しんでます(笑)

    レスリー情報もありがとうございました♪
    10年ですものね・・・
    2013年02月24日 16:53
  • 涼子

    ひらで~さま&チームセレンディピティの皆様!!!

    『項羽と劉邦 King's War』が4月にWOWOW で見れますよ!なんて素晴らしいセレンディピティ!(「また」ひらで~さんが誘致運動?したのではないですよね)これでジャクギ終了後の人生が続く~嬉しいな。仕事が忙しくなりませんように。ジャクギの先週分の録画を夜中に観終わりました。これで今週に追いつきました。で、皇帝はどうなるんだ~!?

    ちはるさんに言われて改めて気づいたのですが、イ・サンを好きな理由の一つは、子供のころそのままの3人の愛情と友情が生涯続くところです。途中は波瀾万丈ですが、子供時代をよく覚えておくと最後の感動が倍増すると思います。三国時代にタイムスリップ、いいですね!手前味噌ですみませんが、よろしければ私と友人のヤフーブログの小説「江の早春賦」(三国志外伝)を読んでいただけると嬉しいです。ジャクギは確かに絶対に中国語では違いますよね(もっと優しい感じの名前なのに)。

    さっちゃんさん、お久しぶりです。心配していました。大変だったようですね。幸運なセレンディピティを願っています。

    ひらで~さん、日本中寒い中、そちらはひときわ寒そうですね。ビョン様に会えるその日まで、お気をつけてください。
    2013年02月24日 16:58
  • ひらで~

    涼子さん♪
    早速のコメと嬉しい情報
    ありがとうございます♪
    WOWOWのプログラムは
    主人の部屋にあるのでまだ
    観てなくて(^^;)HP↓で
    http://www.wowow.co.jp/pg_info/release/002463/index.php
    確認しました♪
    完全放送かな?WOWOWなら
    CMないし、字幕だろうから
    嬉しいですね♪
    加入者増えるかもね♪
    WOWOWと言えば、
    明日はアカデミー賞ですよ♪
    私の場合、これが観たいばかりに
    WOWOWに加入したぐらいですから
    仕事もちゃんとお休みとって
    家事も早々に切り上げTVの前に(笑)

    そうそう、ジャクギ・・・
    皇帝から目が離せなくなったでしょ♪
    って、そう言う意味じゃない?(笑)
    寒いけど、心は熱いですわ♪
    2013年02月24日 17:50
  • さっちゃん

    ひらで~さま

    「愛是神馬」これわかりました。
    これに使われていた曲もわかりました。
    私は大ボケでした~~
    息子が少しだけチャイ語読めて話します。
    以前成都からチベットへも行きました(大学生の時)
    今回彼は小学生の時からの友人のところへ行きました。
    あの撮影のセットも見てきたようです。
    何せ半分中国の血が入っている友人なのでお任せです。

    ついでに私は彼が送ってくれた「21絃琴」(中国の琴)は50の手習いで始めます。
    検査の結果手術は受けますが今は貧血が強くて手術を受けてくれる病院がないので吸血鬼のような生活です。

    チェンクンの「そうはおうにつかえた男」はDVDで見ました。
    動画に使われていました、曲が。
    「孫子兵法」を見ていたら越の国の「はんれい」という人が気になり、息子がおもろいから!!というわけでDVDを見る羽目に。この先は「始皇帝」になるのだとか。
    「そとば」「だいえんじゅ」すべて見ました。

    ついでに「孔明のヨメ」がドラマCDになるのですが・・・
    そうだ、劉邦という名前が出たついでに「劉邦の宦官」という本を読みました。
    なんだか・・・です。
    でもすごい作家かもしれません。

    涼子さま

    切りますよ~~~
    相当状態が悪いのです。
    でも鉄欠乏性貧血が重篤でとても今手術は無理・・・手術台の上でそのまま・・・という感じだそうです。
    治療を始めましたがなかなかで本当に嫌になるくらい吸血鬼生活です。
    でもDVDは見放題。
    中国琴も春先から始めます。
    もしかすると「クィーンズ」で大都督が吹いていたあの尺八の細いやつ(ちゃんとした名前がありますが)これも始めるかもしれません。お土産にいただいたので。
    先ずは体力!!
    2013年03月14日 22:14
  • 涼子

    さっちゃんさま

    お久しぶりです。心配していました。重症の貧血だったんですね。私の血清鉄(ヘモグロビン)を分けてあげたい・・・。日本赤十字社の献血表彰を受けるほど献血マニアの私。メディカルな職業人なので血液の大切さを実感していて、あげれるものならあげなくちゃと励んでいるのです。でも血液を「あげられる」ということは、自分が健康であるということなんですよね(感謝です)。私のヘモグロビン値は男性並みなので、献血に行くと喜ばれます。同僚には「あんたは定期的に瀉血(血を抜くこと←血の気が多いからか?)したほうがいい」とか言われている。

    貧血治療は時間がかかると思います。ご趣味を極めつつ、地道に頑張ってください。本当に、あげれるもんならヘモグロビンをあげたいです。
    2013年03月15日 15:35
  • ひらで~

    師匠~♪
    お久しぶりです!心配してましたよ~!
    そうですか、切りますか・・・貧血も
    あるのですね・・・辛抱するしかないと
    思いますが、息子さんのお陰で中国三昧♪
    たくさんDVDでドラマもご覧になって、
    「21絃琴」や大都督の笛(笑)まで!
    早く元気になって楽しんでくださいね♪
    「孔明のヨメ」2巻、読みました♪
    ドラマCDのことは本の帯に
    ありましたね~♪
    「劉邦の宦官」も面白そう♪
    興味あるかも・・・。
    2013年03月15日 20:52

この記事へのトラックバック