中国ドラマ「三国志Three Kingdoms」84☆危急存亡

魏の蜀伐に呼応するか迷う孫権のもとに
孔明から馬謖が使わされ・・・。
第84話 出師の表 ≪諸葛擬出師表≫
諸葛亮は馬謖を孫権のもとへと派遣し、連立の約束を取り付ける。魏の攻撃を撤退させることに成功した諸葛亮だったが、まだ無名だった司馬懿に警戒を強める。曹丕は、司馬懿が止めるのも聞かず、自ら軍を率いて出陣するが、呉と蜀の連合軍に大敗。持病が悪化し、司馬懿に曹叡の補佐をするようにと言い残して息を引き取る。諸葛亮は「出師の表」を劉禅に奉呈して北伐の命を受ける。
223年、建業。
張紹の進言どうり、鼎に油を煮えたぎらせ、屈強な武将を配置した中
画像
孫権は馬謖の謁見を許す。馬謖は酈食其(れきいき)の故事に倣って、自分と
魏の使者のどちらかを煮殺すことを察し、覚悟を決めます・・・というより、
自信があったのでしょうね。
酈食其とは劉邦の説客(ぜいかく:対外政策などの相談役)でしたが、
斉の攻略中、平和交渉に臨むが途中で仲間が攻撃したため、
話しが違うと斉王に煮殺された・・・詳しくは、調べてね♪
こんな歓迎も孫権にしてみれば、孔明の口の恐ろしさ(笑)を知っているだけに
孔明の愛弟子が来たとなれば、したくなるのもうなずける。張紹ももしかしたら、
仕返しをしたかったのかも・・・孔明には敵わないけど、弟子ならいけるかもとか
思ったかどうかは想像ですが(笑)
画像
馬謖も負けじと、高飛車な態度威厳をもって対応します。
孫権に天子の使いは小国の主には伏しませんと、いきなり先制攻撃。孫権は
そんな無礼な態度は許さん!煮殺せ!といきなりムカついてますが、そこを
逆手に呉は一人の儒者に恐れ慄いていると、小馬鹿にする馬謖・・・
そんな事はないぞ、と孫権・・・あらら、ひっかったね(笑)もう、馬謖の口から
逃れられないぞ~。更に馬謖は蜀を助けてもらうために来たのではなく、呉を
魏から救うために来たのだと続けます・・・途中から問題をすり替えてしまう
手口(口先か?)、孔明の得意技ですね♪さすがは愛弟子、
学ぶところは学んでます。
馬謖は中国の伝説の名医・扁鵲(へんじゃく)の如きに、自分の病の重さに
気付かぬ呉を助けるという口ぶりで話しを進め・・・魏に協力して蜀を倒せば
いずれ呉は魏に呑みこまれる、だがここで手を出さずに鼎立を維持すれば
呉は安泰である、呉と蜀は人間の足同様、
どちらかが欠ければ立っていられず、わざわざ自分の足を折る者は
いないのです、よく考えてください・・・。
そのモノの言いっぷりに感激した孫権、いたく馬謖が気に言った様子・・・
魏の使者は10日も待たされた挙句、煮殺されてしまうのでした・・・馬謖の
ひと押し、利いたな・・・結構イイ性格してるぞ(笑)
画像
ただ、ホントは馬謖じゃないんだよね、呉に行ったのは・・・

果たして、魏の蜀討伐は孔明の予言対策通りに撃退され、
その報告を諸葛瑾から受ける孫権は、魏が報復来ることを予見し
陸遜らに守りの強化を命令・・・鼎立は力関係のバランスの取り方が難しそう。
現時点では曹丕、孔明のどっち?と言われれば孔明ですよね(笑)
その孔明、今回の魏による五路進軍を提案した者が司馬懿であることを
馬謖から聞き、いずれは曹丕の重臣になるであろうと警戒心を抱きます。

洛陽。曹丕は蜀討伐大失敗の反省会・・・負けた原因は孫権にあると
ほぼ全員一致で呉への進軍を決意。曹丕自らの進軍に曹真(父は曹操の
董卓追討に呼応した曹邵、父の死後曹操が養育)、曹休(父を早くに亡くした後
曹操にを頼る)らも蜀に負けた汚名挽回に燃え、
水軍まで用意してやる気十分。
画像
そんな燃える魏軍の中にあって一人静かな司馬懿・・・なぜ黙っている?と
訝しむ曹丕に、五路で蜀を攻めるのは自分の発案、
その失敗は自分にあるので処罰を請います。
曹丕は原因は孫権だから問わぬと応えると・・・これで処罰する気に
なるはず、と呉への出兵を10年待つようにと諫言・・・思惑どおり、そんなに
待てぬ!と曹丕は激怒・・・誰にも知られてないですが(司馬懿以外は)彼は
病持ち、そんなに待てるはずがありません。余計な口をは挟むなと、
退出を命令・・・蟄居か?曹一族は司馬懿の墓穴を掘るような行動に
ほくそ笑みますが、司馬懿はこれも保身の一手・・・必ず負けると予見した
司馬懿は事が起こる前に謝り、後の災いをさけるつもりです。
戦いは司馬懿の読み通り、蜀からは趙雲に長安を攻められたり、呉からは
火攻めで散々な目にあい曹丕は敗退。
失意の上病が悪化した曹丕は司馬懿を呼び、この戦いに挑んだ訳を語ります。
画像
なぜ自分を呉討伐に加えなかったのですか?と問う司馬懿に、才は認めて
重用はするが・・・兵権を渡したら、誰が抑えられるのか?と逆に問う曹丕・・・
その問いに、答えを察し、わかりました、永遠に軍権を握りませぬと応えます。
画像
この時、そうだったのですか?とかやっぱり~とかの表情をするかと思いきや、
じ~っと曹丕の顔を見る司馬懿・・・何、考えているんだ~?わからない(^^;)
その言葉を聞いて、曹丕は褒美のように司馬懿に
驃騎大将軍(武官の最高官)を与え
曹真、曹休と共に魏の軍政を司るように命じます。
そして、息子・曹叡の補佐も縋るようにして頼む曹丕でした。
画像
だからぁ、返事するのに、近づきすぎだよ、司馬懿ったら、(笑)
226年、文帝曹丕崩御、在位は7年、享年40歳。
・・・子どものころから気の抜けない人生だったのでしょうかね。
40歳では若すぎる。ドラマの中での彼の人生は痛々しい。
司馬懿が心を痛める気持ち、わかるな・・・。
曹丕の最後は余命あるうちに無理して出兵し、負けて命を短く
してしまったような感じですが、彼だけではなく、このドラマに出てくる
大業を成さんとする男たちの最大の敵は寿命のような気がします。
余命がわずかだと悟ると賭けに出ちゃう、それに勝った者は・・・。

曹叡が即位した洛陽。曹真、曹休の二人にとっては息子同然なのでしょう。
画像
その喜び様は尋常ではありませんねぇ(笑)
画像
早速、大業を果たさんためには
国内を安定さるべきで、
それにはまず奸臣の排除を進言。それは誰かと叡くんが尋ねれば、
司馬懿と即答(笑)二人のおじちゃんたちは司馬懿は腹に一物、
危険人物なのに、先帝が死ぬ間際にうっかりと
驃騎大将軍にしてしまったから、困ってます、
軍権は曹一族以外には与えてはいけません、挙句の果てに
飼葉桶をあさる3頭の馬を見た、馬は司馬の3人(懿、師、昭)であり、
飼葉桶は曹家、身震いする悪夢でしたとか不満・不安を
並べ立てるものですから、聞きざるを得ない叡くんです。
司馬懿を雍涼大都督に任じて辺境へ追っ払ってしまうことに。
その任を受けた司馬懿、
画像
凹むどころか小躍りして喜びます・・・この踊りのような
歩き方、曹操もやってたね(笑)・・・
魚が龍となり海から天に昇る気分の司馬懿、辺境とはいえ
魏の要所・雍涼ならば、孔明が侵攻が自分の好機となると
読んでいたのです・・・敵ばかりの洛陽にいても窮屈だしね・・・
考え方が違うんだな、曹一族とは・・・って、
もう曹家は一族で語れちゃう程になってる(笑)

そのころ・・・っても、劉備が亡くなって既に3年以上が経ってますが・・・の成都。
画像

南征し南方(益州南部四郡)を平定した孔明は
“出師の表”(臣下が出陣する際に君主に奉る書)を劉禅に奉呈。
先帝創業未半而中道崩    先帝 大業半ばにして中道で崩殂せり
今天下三分、益州疲弊     今 天下は三分し 益州は疲弊す    
此誠危急存亡之秋也      これ誠に危急存亡の時
然侍衛之臣不懈於内      然れども侍衛の臣 内に怠らず
忠志之士忘身於外者      忠志の士 身を外に忘るるは
蓋追先帝之殊遇         先帝の殊遇をおもい
欲報之於陛下也         陛下に報いんと欲すため
画像
  中略
臣本布衣、躬耕於南陽     臣 元は無官の身で南陽に躬耕し
荀全性命於乱世         乱世に全うせんと
不求聞達於諸侯         諸侯に士官を求めず
先帝不以臣卑鄙         先帝 臣の卑しさを厭わず
猥自枉屈              自ら枉屈(おうくつ)し
三顧臣草廬之中         臣を草蘆に三顧し
諮臣以当世之事         諮(はか)るに当世の事を以(も)てす
由是感激              是により感激し
遂許先帝以駆馳        先帝がために奔走す
後値傾覆             後に傾覆に値(あ)い
受任於敗軍之際        任を敗軍の際に受け
奉命於危難之間        命を危難の間に奉じて
爾来二十有一年矣       はや21年を経る
先帝知臣謹慎          先帝は臣が謹慎なるを知り
故臨崩寄臣以大事也     崩御の際 大事を託さる
受命以来             臣 命を受けて以来
夙夜憂嘆             夙夜(しゅくや)憂嘆(ゆうたん)し  
恐託付不効           託付の効あらず
以傷先帝之明          先帝の明を傷つくを恐る
画像
  中略
今南方已定           今や南方 すでに定まり
兵甲已足             兵甲 すでに足る
当奨率三軍 北定中原    まさに三軍を率い 北のかた 中原を平定し       
庶竭駑鈍、壤除姦凶      奸凶を取り除くことに努め
興復漢室、還于旧都      漢室を再興し 旧都に帰還すべし
  中略
願陛下託臣           願わくは 臣に託すに
以討賊興復之効        討賊復興を以てし
不効                効あらざる時
則治臣之罪 以告先帝之霊 臣の罪を先帝に告げよ
  中略
臣不勝受恩感激 今當遠離 臣 恩を受け感激にたえず
臨表涕泣 不知所云      表に臨みて涙落ち言う所を知らず 
画像
李厳は無理をするなと反対しますが、今やらねば滅ばされるのを
待つのみ、進まねば大業は成されぬと孔明。
劉禅は孔明を平北大都督として北伐を命じます。
画像
大都督、孔明は関興、張苞、魏延、陳倉、馬岱、馬謖、李恢、
廖化、王平、袁綝、呉懿、高翔、鄧芝、丁咸、劉敏、杜義、閻晏、
樊岐、樊建・・・と次々と将軍を任命しますが、趙雲の名が呼ばれません。
画像
趙雲、一気にお爺さんになってます・・・が、めちゃカッコいい爺さんです♪
馬超も病で亡くなり(そんなぁ~、あれから出番なしかい?)、五虎大諸軍の
中でも残るのは50を過ぎた趙雲だけだから、戦場に出したくないとの
孔明の気遣いでしたが、そこは老いても趙雲です、先鋒にしてくれねば
ここで死ぬと頑固爺さん化・・・仕方なく、先鋒大将に命じる孔明でした。
画像

孔明は祁山(きざん)へ出兵、第一次北伐が開始された。

第83話                           第85話
蜀軍、将軍いっぱい、いるもんですね~
この時のセリフはアフレコでしょうか・・・同録だったら凄いね!
ルー・イーならやっちゃいそうだけど♪

この記事へのコメント

  • くりりん

    今日はまたまたすごい暑さでしたね~(+o+)

    どんなに暑くても、どんなに仕事で疲れていても!私は三国志だけは見逃しません!(韓流はたまってます・・・)


    ひらで~さんのブログファンがたくさんいると思うと、私までが嬉しくなっちゃって、ますます楽しみに❤

    超雲ほんとに年とっちゃって、ビックリ!
    正史ではそれほど目立たない彼を、ドラマでたくさん見せてくれたのは、やっぱり中国では女性ファンが多いからなんでしょうかね?
    素敵な俳優さんで、大好きです!
    2012年07月27日 18:39
  • ひらで~

    くりりんさん♪
    今晩は♪暑かったですね~
    それでも仕事場は冷房がありますが
    自宅にはありませんから(2部屋だけ
    にはあるけど)、家ではな~んにも
    したくない(笑)でも、三国志だけは
    別!(笑)韓流は秋になったら
    ゆっくりと・・・かな?

    私も、こうしてコメントを戴くと
    嬉しいです。ありがとうございます。

    趙雲、一気に来ましたね~孔明は
    変わらないのに、不思議。
    でも、カッコいい爺さん♪
    ニエ・ユエンは中国では人気者ですから
    人気のある趙雲に持ってこいなんですね。
    とは後から知ったことなんですが(笑)
    実は彼を見たのはこのドラマが最初。
    周瑜のビクター・ホァンもそうでしたが、
    他のドラマも観たくなってしまうほど、
    魅力的ですね。三国志観終わったら、
    そっちに行くかも(笑)・・・の前に
    鑑賞途中のルー・イーのドラマの続き
    観なくては♪
    2012年07月27日 20:53
  • 緑のえりまき

    ひらで~さん、こんばんは。
    今回の曹丕が司馬懿と話していて、ほろりとするシーンはすごく印象的で切なかったですね。辛かったです。このドラマだと二人の関係を細かく描いていて、そこも結構好きだったのだけど。

    すみません、逸れて。ルーイーは今日も素敵でしたね。魏討伐のために将軍たちを任命すべく前に立って皆を見渡すシーン、よかったです。
    趙雲さんはずいぶん老けてましたね。彼はいつも若武者なイメージだったので、びっくりします。それでも素敵ですよね。
    2012年07月27日 23:40
  • ひらで~

    緑のえりまきさん♪
    曹丕、最後が呆気なくて
    かわいそうでした。
    家督争いの中で、ようやく見つけた
    師とも友ともいえる司馬懿でしたのに、
    曹操から気を抜くな、なんて言われれば
    誰も信じられなくなりますね。でも、
    最後は頼るしかなくて・・・
    そう思うと、曹丕って寂しい人だったのかな
    って、切なくなります。

    ルー・イーの孔明、立ちましたね♪
    ちゃんと貫禄までついて、
    カッコ好かったです。
    趙雲の老け方は驚きでした(笑)
    劉備臨終の時から5年も経ってないはず
    なんだけど・・・孔明は変わらずなのに。
    趙雲の出番も後少し、寂しいですが、
    最後まで素敵なのでしょうね。
    2012年07月28日 10:37
  • さっちゃん

    はじめまして、ひそかに読ませていただいています。毎日涙ものです(笑)私は吹き替え版で見ています(BSフジ)さすがにチャイナは????なので。
    この孔明さんの吹き替えをされている方は存知の方でよくもま~~この長セリフをかまずにと感心しています。調子に乗るとすぐカムからね~~この方は。ご本人の普段話す声に近く安心して聞いています。
    でもこの先映像を見るのがつらいかな?俳優さんの声と吹き替えの方の声が意外といているので画面見ず聞いちゃおうかな~~
    苦しい毎日です私(爆沈)
    暑い折ですが楽しみに読ませていただきます。よろしくお願いいたします。
    2012年07月28日 11:46
  • ひらで~

    さっちゃんさん♪
    はじめまして。
    ひそかにですか?(笑)それでも
    嬉しいです♪ありがとうございます。

    吹き替え版、私も観ます。
    孔明の方、堀内賢雄さんのお声、
    品があって好きです♪
    ルー・イーの声にしては
    カッコ好すぎるくらい素敵です(笑)。
    他にも洋画などで主役の方を
    多く吹き替えてらっしゃいますね。
    普段に近いのですか?そんな声を
    まじかに聞けて羨ましい・・・
    毎日聞いていたいな♪
    でも、ドラマは終盤、辛いシーンが
    多くなってきますね。でも、最後の
    最後までしっかり観(聞き)届けたいと
    思います。
    こちらこそ、よろしくお願したします♪
    2012年07月28日 17:29
  • さっちゃん

    お返事ありがとうございます。うほほ!!
    子龍の声をあてている遊佐浩二さんはあのままの声が地の声です。我が家では悪い子龍が出るとブラック~~と騒いでいます。
    堀内さんはこれから泣くシーンが多くなるでしょう?
    あれはギャグとかアニメ声です。でも孔明の年齢に合わせて声を使うから楽しみ。
    私個人的に声フェチです。
    今日はいいけど明日からつらいな~~
    バスタオル用意かしら・・・
    2012年07月30日 11:55
  • さっちゃん

    孔明の衣装に触れていましたね。
    今見ているとだいぶ夏ものに近いようで北斗七星の衣装とか白い下の着物が透けているのは「絽」の着物だと思います。
    でもすごい衣装の生地で驚いています。
    ルーさんはまた映画版でも孔明をやるとかで少々楽しみです。
    2012年07月30日 11:59
  • ひらで~

    さっちゃんさん♪
    声優さんにお詳しいのですね♪
    娘がアニメや特撮ファンなので、
    遊佐浩二さんのお名前は存じてますが、
    子竜の声が地声なんすね・・・でも、
    どんな役でもいいお声です。
    孔明、これからお年を召しますから
    その変化も楽しみですね♪
    でも、辛い話しだからなぁ~
    そう、今日は大丈夫。笑顔が多い・・・
    浮かれすぎじゃない?ってほど(笑)

    衣装、つい、一時停止までして
    観てしまいます(笑)
    北斗七星の模様、絹っぽいのには
    右袖に北斗七星、左はカシオペア・・・たぶん。
    絽のは前掛けみたいなところに
    北斗七星が・・・自分が北極星?(笑)
    孔明以外の衣装も素敵ですよね。
    最近は曹叡の着物に注目してます♪

    ルー・イーが映画で孔明を!
    それは楽しみですが、他のキャストが
    気になる(笑)
    2012年07月30日 15:09

この記事へのトラックバック