アマルフィ 女神の報酬☆事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。

映画館で鑑賞♪
画像
アマルフィ 女神の報酬
2009年 東宝
監督: 西谷弘
原作: 真保裕一
音楽: 菅野祐悟
主題歌: サラ・ブライトマン
     『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』
出演: 織田裕二 (外交官・黒田康作)
    天海祐希 (矢上紗江子)
    戸田恵梨香 (研修生・安達香苗)
    佐藤浩市 (藤井昌樹)
    佐野史郎 (参事官・西野)
    福山雅治 (フリー・ライター佐伯)
    平田満 (外務大臣・川越亘)
    サラ・ブライトマン (本人)
声の出演: 中井貴一 (片岡)
クリスマス目前のローマ。
G8外務大臣会合を控えた中、テロ予告があり、外交官・黒田は
邦人を守るために派遣される。同じ日、川越外務大臣を迎える
準備に追われている大使館に、小さな娘が行方不明になったと
旅行者の母親が駆け込んだ。西野参事官はこれも経験だと
研修生の・安達に対処を命じ、黒田に応援を頼む。
迷子の捜索かと思われた矢先、誘拐したと犯人からの連絡が
母親・紗江子に入る。黒田はイタリア語の分からない彼女の代わりに
電話で父親だと名乗り、事件に関わってしまう・・・。
   
 
久々に込んでいた映画館・・・
ポケモンの人気は相変わらずです。

“フジテレビ開局50周年記念作品”として大々的に宣伝され
全編イタリアでロケされた(邦画初らしい)本作、
昨日(18日)が公開日で、朝からフジ系TV(長野ではNBS)で
織田さんと天海さんが出演していたのを見ました♪
そんなの観たら、すぐにでも行きたかったけど、
娘たちの行事が重なって・・・
今日こそは!と早起きして娘たちのお弁当を作り、
朝の家事を気合で片付け、観に行って来ました(笑)
映画館のロビーはポケモン目当ての親子連れでいっぱいでしたが、
場内は、さすがに大人ばかり、別世界みたい・・・
ほぼ満席で、人気の高さを感じました。

物語は真保裕一 さんが映画のために書き下ろした小説が原作。
原作は読んでませんが、今時の日本の政治や世界情勢を
上手く取り込んであり、お話としても面白かったですし、
登場人物も説明なしで背景が見えるようになっていて
自然と感情移入できる作りに感心しました。
舞台となるイタリアも素晴らしくて、
同じ舞台だった『天使と悪魔』に比べて
丁寧に映し出されているのに、それだけに頼らないのも
好感が持てました。
ただ、アクションがほとんどなく、
『踊る~』シリーズっぽい謎解きみたいのも少ないので
そういうのを期待すると肩透かしを感じるかも。
そういう点では評価落ちるかな?
でも、暴力的なシーンもほとんどなく、
平和的なラストを迎えるのは逆に印象的だし
サラ・ブライトマンの唄も素敵ですし
    懐かしいけど今もたまに聴いてる大好きな曲です♪
女性にはウケがいいのではないでしょうか。
あと、40代以上とか(笑)


織田さんの黒田さん、カッコ好かったです。
仕事一筋で人間に対しては不器用そうな
人を寄せ付けないような感じだけど、
頼りにできるのは彼だけと思わせる雰囲気が充分♪
シリーズ化して欲しいですね。
天海さんはいつもしっかりしているイメージがある分、
こういう時に見せる弱さは、いつもか弱そうな女性より、
守ってあげたい!と思わせます。
女性から見ても、そう思います。
母親としての心情も痛いほど感じられて
事件後初めて泣くシーンは一緒に泣いてたくらい。
佐藤浩市さんは出た瞬間から胡散臭かった(笑)
でも、役の大きさを考えると佐藤さんですよね。
愛する人のため・・・というのが切なかったです。

真保さんと織田さんと佐藤さんといえば『ホワイトアウト』。
そうそう、大臣役の平田さんも。
もし、原作どおりに映画が作られていたら・・・という、
ちょっと不本意な結果が残念だっただけに
これはそのリベンジになったのでは?

ちなみに・・・アマルフィを舞台にした映画というと、
スカーレット・ヨハンソン主演の『理想の女(ひと)』がありますね。
時代設定が1930年なのですが、そのままみたいです。
イタリアが舞台の映画でオススメなのは(女性に)
ダイアン・レイン主演の『トスカーナの休日』♪
『アマルフィ 女神の報酬』では不思議にも出番が少ない
イタリア料理がいっぱい出ていて、
お腹が空くかも(笑)でも、元気になります♪

この記事へのコメント

  • マリー

    こんばんは~~~。
    やっぱり思い出しますよね・・『ホワイトアウト』ちょっと被りすぎ?そっか~平田さんも出てたっけ?
    私は織田ちゃんと松嶋さんのバランスが気になって気になって集中出来なかったんだった(抱えてるシーンあまりにも重そうで 苦笑)
    今回も天海さんが大きいので、ちょっと~なんて思ってしまった><;

    結構最後までハラハラ・ドキドキさせてもらって(笑)楽しめました。
    イタリアも満喫できましたね~。
    ひらで~さんご紹介の『トスカーナ・・』観たい!ダイアン・レイン好きなの~。
    2009年07月22日 19:40
  • ひらで~

    マリーさん♪
    佐藤さんは役まで被ってましたね。
    平田さんは『ホワイトアウト』では
    早々に退場でした・・・確か。

    織田さんって、大きく見えないから
    大柄の相手だと気になりますね。
    泣けたシーンでも
    織田さん押し倒されそうだった・・・
    泣きながらも、そういうとこは
    ちゃんと見てたりして(笑)

    『トスカーナの休日』は
    好いですよ~♪
    ダイアンが好きなら必見です♪♪
    2009年07月24日 14:49

この記事へのトラックバック

アマルフィ 女神の報酬
Excerpt: フジテレビ開局50周年オールイタリアロケ映画「アマルフィ 女神の報酬」を見てきました。 封切り初日午後でしたから、さすがにほぼ満席でした。 イタリアで開かれるG8会合にテロ予告があり、要人警護のために..
Weblog: 伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~
Tracked: 2009-07-19 17:33

映画アマルフィ 女神の報酬
Excerpt: ナポリのサルトリアから学んだこと:岡山 vs.  アマルフィ - livedoor Blog(ブログ) 映画館でアマルフィをみてきました2時間20分の映画のなかでアマルフィがでてくるのは20分そこ..
Weblog: ナポリのサルトリアから学んだこと
Tracked: 2009-07-20 00:50

『アマルフィ女神の報酬』
Excerpt: ギリシャ神話の英雄ヘラクレスは愛する妖精の死を悲しみ    世界で最も美しい場所亡がらを埋めて町を作った    彼女を永遠のものとするために・・・    その町の名は  アマルフィ『アマルフィ女神の報..
Weblog: purebreath★マリーの映画館
Tracked: 2009-07-22 20:01