タロットカード殺人事件☆恋の行方も、犯人も、タロットカードだけが知っている…。

映画館で鑑賞♪・・・多分、今年最後でしょう・・・。
画像
タロットカード殺人事件
SCOOP
2006年 イギリス・アメリカ
監督・脚本: ウディ・アレン
出演: スカーレット・ヨハンソン (サンドラ・プランスキー)
    ウディ・アレン (シド・ウォーターマン)
    ヒュー・ジャックマン (ピーター・ライモン)
    イアン・マクシェーン (ジョー・ストロンベル)
    ロモーラ・ガライ (ヴィヴィアン)
    フェネラ・ウールガー (ジェーン・クック)
    チャールズ・ダンス (マルコム氏)
    ジュリアン・グローヴァー (ライモン卿)
ロンドンの敏腕新聞記者ストロンベルが急死した・・・あの世への船の上で
毒殺されたという女性から、巷を賑わす娼婦連続殺人の容疑者の名を聞く。
死んでしまえば世紀のスクープも世には出ないと考えた彼は、死神の目を盗んで
この世へ・・・。
一方、休暇でアメリカからロンドンに遊びに来ていたジャーナリスト志望の
女子学生サンドラは友人と共に老マジシャン、シドのマジックショーに。
人が消える箱の中に入るように指名されたのだったが、その中で
ストロンベルに出会い、ロンドンを震撼させている“タロットカード殺人事件”の
真犯人は英国貴族ピーター・ライモンだと知らされる・・・。

先日『Little DJ 小さな恋の物語』を観た際に予告編を観て、
面白そう!と、急遽行ってきました。
明日が小学校の終業式なので多分、年内最後の映画鑑賞です♪
秋から公開されていて、DVDでも良かったのだけど、
マッチ・ポイント』が予想以上に面白かったことと、
久々の高貴な雰囲気のヒューたま♪観たさに、つい・・・(笑)
  
『マッチ・ポイント』で組んでから、よっぽどスカーレット・ヨハンソンが
気に入ってしまったのでしょうね~ウディ・アレン 監督は・・・
   チャン・ツィイーを気に入った鈴木清順監督を思い出す~(^^;)
彼女の魅力をこれでもか~!ってくらい映し出しているよう。
ここでのスカーレット・ヨハンソンは可愛いです。
ちょっとポチャっとした感じが、貴族社会中では目立つのでしょうね~
そんなとこに惹かれちゃうピーターも単純だけどさ(笑)
そのピーター役のスッキリ顔のヒューたま♪も、
貴族の雰囲気が似合いすぎちゃって姿は素敵・・・
ただね、ラストが思いのほかあっけなくて、ここまで単純だとは(笑)
その単純さが好いのかな?
なんたって、幽霊からお話が始まるからね~
大きな事件や驚きはないけど、会話にはニヤリ。
ちょっと挑発的なところも、しゃべりすぎ感もあるけど、
嫌らしさがないので(映像も)好かったと思います。

ところで、
原題は“スクープ”・・・トクダネって言うやつですね。
こんなにスッキリした原題なのに、
邦題がちょっと仰々しすぎませんかね~
とはいえ、スッキリとした邦題も見当たらないけど(笑)

この記事へのコメント

  • kira

    こんばんは!
    アレン監督がでると、やっぱりダメなんだという想いを新たにした作品でした(^^;
    ヒュー様、ステキでしたよね~♪
    そのヒュー様より目立ってた監督がうざいと思ってしまったとです(-_-;
    2007年12月31日 00:04
  • ひらで~

    kiraさん♪
    コメント&TB、ありがとうございました。
    お返事がとても遅くなりすみませんでした。

    アレン監督の出演・・・そ~ですね(笑)
    違う方のほうが好かったかも。
    スカーレット・ヨハンソンといっしょに
    出たい!っていうのはよくわかるけど(^^;)
    2008年01月17日 09:13

この記事へのトラックバック

タロットカード殺人事件
Excerpt: 原題 SCOOP 製作年度 2006年 上映時間 95分 監督 ウディ・アレン 出演 スカーレット・ヨハンソン/ヒュー・ジャックマン/ウディ・アレン/イアン・マクシェーン/チャールズ・ダンス..
Weblog: to Heart
Tracked: 2007-12-30 23:56

「タロットカード殺人事件」
Excerpt: 米国映画界の才人、ウッディ・アレン監督が2006年の前作「マッチポイント」と同様、ロンドンを舞台に世界で注目度№1の女優、スカーレット・ヨハンソンをヒロインに起用して撮ったコメディ・タッチのサスペンス..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2008-04-04 23:37