ベオウルフ/呪われし勇者☆この誘惑が、世界をもてあそぶ。

4日、映画館で鑑賞♪
画像
ベオウルフ/呪われし勇者
BEOWULF
2007年 アメリカ(WB)
監督: ロバート・ゼメキス
脚本: ニール・ゲイマン
     ロジャー・エイヴァリー
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: レイ・ウィンストン (ベオウルフ)
    アンソニー・ホプキンス (王フロースガール)
    ジョン・マルコヴィッチ (アンファース)
    ロビン・ライト・ペン (王妃ウィールソー)
    アンジェリーナ・ジョリー (グレンデルの母)
    ブレンダン・グリーソン (ウィグラーフ)
    クリスピン・グローヴァー (グレンデル)
    アリソン・ローマン (ベオウルフの姫妾ウルスラ)
古代のデンマーク。フロースガール王は怪物グレンデルによる人々への
暴虐に頭を悩ませていた。追討の命を下すも誰も成し遂げずにいたところ、
ベオルフが名乗りを上げ、見事に討伐。しかし、今度はグレンデルの母による
仕返しが待っていた・・・。    

TVでのアンジーがにゅ~って出てくるのが頭に残り、
ジョン・マルコヴィッチとアンソニー・ホプキンスが出るんだ♪
ぐらいの情報で内容も、仕様(笑)も知らずに観に行ったところ、
なんだか絵みたい・・・あれ?アニメ?!と、そこで初めて気が付いた(笑)
ロバート・ゼメキス監督の時点で気が付きそうなものを・・・
「ポーラー・エクスプレス」観てないし、「300」と「L.O.T.R」が宣伝に
使われてたのが記憶にあったから、CGは使ってあっても、アニメだとは
少しも考えずにいたのでした。
ジョン・マルコヴィッチはわかったけど、アンソニー・ホプキンスが・・・
いきなりの半裸でなんなの~!みたいな王様で
そっちに気をとられてて、わかんなかったよ~(^^;)
アニメとわかってからは、細かい描写に凄い!って感動しましたけど、
慣れると、やっぱりモノ足りないかも・・・
CGならではのカメラワークっていうのかな?実写じゃ無理だろ~!っていう
シーンとか、演技がつけられない動物、想像上の生き物などをCGで描くのは
好いとは思うけど、人間ってどうなんだろ~?って思う。
まぁ、こういうのも技術的なことを考えると凄いことで、こういうアニメもありだな、
とは思うけど、私は生身に面白さを感じるので、なんだかね・・・
アニメらしいアニメだと、ちゃんと割り切れるんだけど・・・単なるわがまま?
でも、面白かったですよ~お話も大人向けのもので、
“英雄色を好む”的な男の性(さが)とか欲、母親の子に対する情や
女の執拗な心とかしっかり描かれていて、子どもには観せられない程(笑)
原作が英国の古典なので知っているようなエピソードが散りばめられている
というのか、知っているお話の元がそこにあるというような感じでした。
金色ドラゴンまで出てきて、キングギドラか~!って(笑)倒すまでのシーンは
結構迫力あって、ドキドキしました♪

ところで、
アンジーが演じた(?)海の怪物は何だったのでしょう?

この記事へのコメント

  • 悠雅

    こんばんは~♪
    これって、CGです、って宣伝なかったから、知らずにご覧になった方が多かったみたい。
    わたしも、以前Gerryの『ベオウルフ&グレンデル』絡みで、
    アメリカで同じテーマのアニメ作品を作ってる、と聞いたことがあったので、
    ディズニー・アニメみたいな絵を想像してたら、
    予告なんかで観る映像は実写みたいで、
    「あれ?アニメじゃなかったっけ?」と思ってた、という逆パターン。
    実際に見たら、あらら、こんな感じ?違和感だらけでした。

    >生身に面白さを感じるので、なんだかね・・・
    わたしもそう思いますです。
    2007年12月05日 23:06
  • ひらで~

    悠雅さん♪
    ポスターなどの主人公の顔が、
    なんだか妙な雰囲気で誰?って
    思ってましたが、アニメだとは(笑)
    そこまで実写に近づけなくても、
    いいのに~って思います。
    Gerryさんの(ステランのでもある)
    『ベオウルフ&グレンデル』
    観た~い!!!
    2007年12月07日 10:31
  • ゆうこ

    お久しぶりです~。

    これ、アニメなのですか!!??アンジェリーナの裸が観たいなぁ~と思っていたんですが。
    2007年12月11日 17:54
  • 由香

    こんにちは!
    神話的なお話は大好きなので物語は楽しめたのですが、映像は最後まで馴染めませんでした~
    どう~~~も不自然に思えちゃって・・・
    役者の顔の表情だけでも実写で観たかった気がします。
    時々キモイって思っちゃったもの(汗)

    アンジーは・・・ドラゴンだったんでしょうかねぇ~
    でも、足はハイヒールでしたよね(笑)オシャレな魔女だわ!
    2007年12月11日 18:26
  • ひらで~

    ゆうこさん♪
    お久し振りでございます!
    ご無沙汰していてすみません!!

    これ、アニメだったんですね~
    私も知らなくてビックリでした(笑)
    アンジーの裸、出てきますが
    人間じゃないから・・・
    裸っていえば、主人公!
    すっぽんぽんで戦ってますが、
    アニメだから出来たのでしょうね~(笑)
    2007年12月13日 08:26
  • ひらで~

    由香さん♪
    お話は、面白かったですね。
    映像は人間に関しては私も
    不気味に思うことがありました。

    アンジーはドラゴンでした?
    タコ足っぽいのを見たような(笑)
    ハイヒールで尻尾があって・・・
    “おしゃれ魔女アンジー”なら可愛いなぁ♪
    2007年12月13日 08:39
  • くまんちゅう

    コメトラどうもでした。
    予告ではCGに見えなかったですけど、雑魚キャラとか動きは粗かったですね。人物生身の背景CG位でやって欲しいです。
    お話は意外と楽しかったです、娯楽と割り切ってるのが良かったのかもしれません。
    2007年12月27日 21:11
  • ひらで~

    くまんちゅうさん♪
    こちらこそ、ありがとうございます。

    予告を観ただけではアニメだとは、
    少しも思わなかったです。
    実写でも、今はアニメと区別がつかない
    部分がありますから、
    全編アニメにどうしてもこだわりたかった
    何かがあるんでしょうかね~?
    もしかして、裸のためとか(笑)
    2007年12月30日 07:54

この記事へのトラックバック

ベオウルフ/呪われし勇者
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 見えそうで見えないベオウルフの股間・・・((〃゛◇゛〃))デモ、ソンナノカンケーネェー 英国文学最古の英雄叙事詩。 言語学上にも貴重な文献だそうだ。 最新の映..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-12-05 16:02

ベオウルフ/呪われし勇者
Excerpt: 21世紀の技術が綴る、英雄伝説
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-12-05 22:41

「ベオウルフ」まだまだ微妙なフルCG、凄いのか安いのか
Excerpt: 「ベオウルフ」★★★ 声の出演:アンジェリーナ・ジョリー 、アンソニー・ホプキンス 他 ロバート・ゼメキス 監督、アメリカ、2007年、114分 6世紀のデンマーク、 王が盛大な宴を催す中に、..
Weblog: soramove
Tracked: 2007-12-19 22:43

『ベオウルフ/呪われし勇者』は微妙な作品
Excerpt: 『ベオウルフ(Beowulf)』は英文学最古の作品の一つで、北欧の英雄ベオウルフの冒険を描く叙事詩だ。
Weblog: 観たい・聴きたい・読みたい
Tracked: 2007-12-23 19:57

「べオウルフ -呪われし勇者-(BEOWULF)」映画感想
Excerpt: 公開初日、映画の日、千円で見てきました。勝手にベオウルフ祭り第3弾はゼメキス監督
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-12-24 21:58

映画「ベオウルフ/呪われし勇者」
Excerpt: 原題:Beowulf いかにも本物っぽくないものがいっぱい登場してくる・・だけどいつのまにかすっかりそのデジタルシネマの、英国文学最古の英雄叙事詩の、世界に浸れる・・ ここは6世紀のデンマー..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
Tracked: 2008-01-13 20:27