ポセイドン☆その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。

WOWOWで鑑賞♪
画像
ポセイドン
POSEIDON
2006年 アメリカ
監督: ウォルフガング・ペーターゼン
原作: ポール・ギャリコ
脚本: マーク・プロトセヴィッチ
音楽: クラウス・バデルト
出演: カート・ラッセル (ロバート・ラムジー)
    ジョシュ・ルーカス (ディラン・ジョーンズ)
    リチャード・ドレイファス ( リチャード・ネルソン)
    エミー・ロッサム (ジェニファー・ラムジー)
    ジャシンダ・バレット (マギー)
    マイク・ヴォーゲル (クリスチャン)
    ジミー・ベネット (コナー)
    ミア・マエストロ (エレナ)
    アンドレ・ブラウアー (ブラッドフォード船長)
    ケヴィン・ディロン (ラッキー・ラリー)
    フレディ・ロドリゲス (マルコ・バレンタイン)
豪華客船“ポセイドン号”は北大西洋を航行中、大晦日の晩を迎える。
そんな特別な夜に、ジェニファーはクリスチャンから求婚される。
二人だけで部屋にいる二人を見て、彼女の父ロバートは二人の仲を知りつつも、
親心から娘を諭してしまい、気まずい雰囲気となってしまう。
ボール・ルームではニューイヤー・イブ・パーティがも催され、乗客も船員たちも
新年を迎えようとしていた・・・その時、予期せぬ大波がポセイドン号を襲った。
逃げる間もなく、ポセイドン号は完全に転覆。多くの命が瞬く間に消え、
生き残った者たちは船長の支持で救援を待つためにボール・ルームに留まる。
娘とはぐれたロバートは娘を探すため船長の支持を無視し、ホールから出ようとする・・・。

映画館で予告を観た時、興味が湧いたのは確かだけど、
人がいっぱい死ぬんだよなぁ~と思ったら、しり込みしてしまい、
結局、TV放送で観た次第・・・。
TVでよかった・・・映画館で観てたら、息苦しくなってたかも。
まぁ、庶民の者には縁のない船だろうけど(笑)かなり怖かったです。
さすがに子どもがいるとね・・・この母子だけは何とかしてくれ!と。

リメイクのこの作品、元の映画を観ていないので比べられないのですが、
あんまり登場人物に関しては描かれてなくて、
船が転覆するシーン、脱出までの障害物との戦い(?)などの映像に
重きが置かれていている感じ。
配役が意外と面白かったのに、人間同士の繋がりのエピソードが
さらりと流されてしまったのがちょっと残念だったかな?
でも、アレだけの緊張の連続はアノ長さで十分でしたね~
あれ以上やってたら、こっちが窒息しそうだったもの(笑)
転覆してから実際にはどのくらいの時間で沈むのか、
救助は何分で来るのかを考えたら、一時間ぐらいのお話になるのかな?
その重きが置かれている、映像・・・一番感動したのは、
船体を俯瞰でぐるっとする冒頭のところだったりするんだけど(苦笑)
画像
さてさて、その配役・・・
最後まで
みんなを引っ張る役目のお二人。
ひとりは
アクションやアドベンチャーもの
お得意のカート・ラッセル。
元市長まではいいけど、
元英雄的消防士・・・これって・・・
『バックドラフト』かぁ?好きな映画なのでわ~い♪って思ってしまったよ

まかせなさい!という、
元気印のオヤジお父様でした。
娘はエミー・ロッサム・・・ホールのシャンデリアが
落ちてこないかと期待してしまったけど・・・って、なんて不謹慎なの!

もうひとりは、この映画で人気が出たらしいジョシュ・ルーカス。
今まで観た映画では地味だったけど、かなりカッコ好いです♪
ギャンブラーでの姿、もっと観たかったなぁ。
火の海にためらいもせず飛び込むシーンには恐れ入りました。
でも、カート・ラッセルの存在感には敵わなかったように感じたのは、私だけ?
それから、浮気されて自殺まで考えてたおじさん、
ネルソン役のリチャード・ドレイファス・・・久し振りでした♪けど、さすがは
人食い鮫と戦った(?)人だけあってしぶといです(笑)海では不死身ですね。
・・・と、昔の映画を思い出してしまう不思議な映画でもありました♪

この記事へのコメント

  • マリー

    こんばんは~

    これは映画館で観て~窒息しそうになりました。
    ダメなんですよ~・・・観てるとこちらも息を止めてしまって~(笑)

    オリジナルが素晴らしかったので~(私の“パニック映画”の原点)
    比べてしまうと、やはり人間関係の描き方が希薄かな~と・・・

    ギャンブラー、ジョシュよかったですよね~♪
    2007年06月29日 20:57
  • ひらで~

    マリーさん♪
    こんばんは!
    お返事が遅くなり、ごめんなさい。

    TVの画面で観ていても息苦しさを
    感じたので、映画館では
    尚更だったでしょうね。

    ジョシュ、カッコよかったのに、
    ギャンブルのシーンが少なくて
    残念でしたけどね(笑)
    2007年07月01日 21:51
  • fizz♪

    ひらで~さん、こんにちは~
    暑いですねぇ。
    そんな時はやっぱりドキドキのこの映画でしょうか(笑)
    このジョシュもカッコ良かったですよね!
    私の場合ジョシュが出てなかったら、観てなかったかも。
    >あんまり登場人物に関しては描かれてなくて
    ホントにそうでしたよね。
    ただただ「逃げろー!」なスリル重視でしたね。
    ジョシュにはもう一度ラブコメに出てもらいたいです。
    TBさせて頂きました。
    2007年08月19日 09:48
  • ひらで~

    fizz♪さん♪
    こんにちは!今日も暑いです~!!
    こう暑いと水が恋しくなりますね・・・
    で、これですか?でも、水多すぎ!!(笑)
    あっ、違う・・・ドキドキのほうですね♪

    fizz♪さんはジョシュ目当てでしたのね。
    うん、うん、カッコ良かったです!
    ジョシュのラブコメは未見なので、
    ぜひ観てみたいです。
    2007年08月20日 08:21

この記事へのトラックバック

映画『ポセイドン』
Excerpt: 原題:Poseidon 「ポセイドン・アドベンチャー」からアドベンチャーを取ったら!?・・どちらかといえば1972年当時のCGに較べ格段に進歩したVFX技術をみせる映画みたい・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
Tracked: 2007-06-24 16:56

ポセイドン
Excerpt: あっという間にラストまで引っぱられました。ノンストップのジェットコースターに乗った気分。かの大作のリメイクとは言っても、人物や設定は全く現代に置き換えてあり別物に仕上げあるので、ここで対比するのは野暮..
Weblog: Have a movie-break !
Tracked: 2007-08-19 09:35