ファーゴ

アカデミー賞関連作ということで・・・
画像
『ファーゴ』 FARGO(1996)
1996年アメリカ
監督: ジョエル・コーエン 
脚本: イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
音楽: カーター・バーウェル 
出演: フランシス・マクドーマンド (マージ・ガンダーソン)
    ウィリアム・H・メイシー (ジェリー・ランディガード)
    スティーヴ・ブシェミ (カール)
    ピーター・ストーメア (グリムスラッド)
ミネソタ州ミネアポリスで義父の店で自動車・ディーラーをしている
ジェリーは借金の穴埋めの為、自分の妻ジーンを誘拐し、
義父から身代金を取ることを計画。
実行犯であるカールとグリムスラッドは誘拐後、隣町ブレイナードで、
停車を命じた警官を射殺し更に目撃者までも射殺してしまう。
ブレイナードの女性警察署長マージは事件を追ってミネアポリスに・・・。

1996年第69回アカデミー賞で、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、
脚本賞(ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン)を受賞。
助演男優賞(ウィリアム・H・メイシー)、作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞も
ノミネートされていました。
ちなみに作品賞は『イングリッシュ・ペイシェント』、他監督賞など8部門で受賞。
私的には『イングリッシュ・ペイシェント』がそれほどのものだった?と
アカデミー賞受賞作というのに釣られて観に行って思ったけど(笑)・・・でも、
助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)は納得。

“ファーゴ”とは、映画の冒頭ジェリーが誘拐の取引をした場所の地名。
観るまでは何だ?と思ってましたが(笑)・・・これも狙いか?
で、もうそれっきり出てこない・・・凄いよね(笑)
『ファーゴ』はTV放送で昔、一度観て、その時はそれほど面白いとは
思わなかったのですが(結構グロイから・・・)、
先日WOWOWで観直したら面白さが判ったような・・・
私も大人になったのかな(笑)というより、役者さんが楽しい♪
当時はブシェミさんぐらいしか知らなかった(^^;)けど、
今観るとみんな、曲者!という方々で楽しい、楽しい♪
主演のフランシス・マクドーマンド(ジョエル・コーエン夫人)は
知ってはいても、好いなぁ!と思ったのは『恋愛適齢期』からで、
最近の『スタンドアップ』で好い味出すななぁ~と感心したばかり♪
ピーター・ストーメアは以前から変な人だなぁとは感じていましたが(笑)
『コンスタンティン』で、ようやく“ツボ”に!♪遅いよね・・・
ウィリアム・H・メイシーは、私的に現在気になっている女優
フェリシティ・ハフマンのダンナさんとして気になってます(笑)
ゴールデン・グローブ賞の授賞式でも一緒で、
素敵なご夫婦振りを見せていましたし♪
もちろんこの面白い方々が出てるから面白いわけではなく・・・
お話はともかく(笑)、コーエン兄弟作独特の空気が
面白く感じるようになったのでした。
面白いかも!って感じるようになったのは
『オー!ブラザー』を観てから♪あの空気、好きですね。
お話も、彼らの描く“予期せぬ不幸”と“気づかぬ幸運”が入り混じった
ほのぼのとした(?)ブラックさが、なんとも面白くて。
でも、『レディ・キラーズ』は・・・・・・・でした(笑)

ファーゴ [DVD]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

映画『ファーゴ』
Excerpt: 原題:Fargo 1987年年ミネソタ州ファーゴの実話を元に、偽装誘拐と惨劇をコーエン兄弟が独特のタッチで描いたアカデミー主演女優賞&脚本賞受賞作品。 借金を抱えるちょっと間抜けなカーディー..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
Tracked: 2006-02-23 01:07

『ファーゴ』を観たぞ~!
Excerpt: 『ファーゴ』を観ましたアメリカ中北部の田舎町を舞台に、偽装誘拐が引き起こす惨劇とそれに関わる人々の奇妙な姿を描いたユニークな犯罪ドラマです>>『ファーゴ』関連原題:FARGOジャンル:サスペンス/ミス..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-02-06 19:11

映画評:ファーゴ
Excerpt: ノースダコタ州 ファーゴ ジェリーが、おずおずとレストランの中へ入っていく。すでに、あの二人は奥のテーブルで待っていた。 二人の男はカールとゲアだ。 ジェリーは、カールとゲアを雇い、自身の妻ジーンを誘..
Weblog: 映画と写真のブログ
Tracked: 2009-02-25 14:13