アバウト・アダム アダムにも秘密がある

画像
9月6日のWOWOW・恋する火曜日。未公開ながら、
イ・ビョンホンの『誰にでも秘密がある』の
元ネタということで日本にもお目見えしたこの作品、
『誰にでも~』のパンフを読んで初めて知って
スチュアート・タウンゼントが♪という期待で観たいなぁと
ず~っと思ってました。

『アバウト・アダム アダムにも秘密がある』(2000年・アイルランド/英/米)
監督・脚本: ジェラルド・ステンブリッジ
音楽: エイドリアン・ジョンストン 

出演: スチュアート・タウンゼント 
    フランシス・オコナー 
     ケイト・ハドソン 
    シャーロット・ブラッドリー 
恋人を振ったばかりの三姉妹の末っ子ルーシーの前に突然現れたアダム。
これが運命の人とばかりに、彼女は家族に彼を紹介するが・・・
男性経験が乏しい次女ルーシー、そろそろ倦怠期の長女アリスまでもが
彼に心を奪われて・・・。

公式サイト http://www.herald.co.jp/official/adam/index.shtml

『誰にでも秘密がある』はビョンホン・ファンの為の映画です!と
断言していいくらい彼の魅力が満載で、
(もちろん相手の三姉妹もとっても可愛くて素敵♪)
賛美両論のラストもファンなら許せちゃうぐらい(笑) でも、
『アダム~』の方だって、負けてはいなかった!
スチュアート・タウンゼントの色香にむせ返りそうなくらい
彼を堪能するには充分な作品でした。

ラストがまず大きく違っているのですが、
どっちがいいか?というと・・・う~ん、難しい・・・
アダムの方はこれで本当に三姉妹が幸せになるのか?
と疑問にも思いますので、韓国版の方が好きかな。

スチュアート・タウンゼント Stuart Townsend 
1972年12月15 日 アイルランド・ダブリン 生まれの32歳
お父さんは結構有名なプロゴルファー、4人兄弟の長男、
ボクシングの腕前もデビュー前に生計を立てられたほどモノだとか。
ギターなどの演奏もOKということで、なかなか器用な方です♪

主な出演作:「アンダー・ザ・スキン」 「シューティング・フィッシュ」(1997)
        「ひかりのまち」(1999) 「コール」(2002)
        「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」(2002)
        「シェイド」 「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」(2003)
      「ト リコロールに燃えて」(2004)

彼の初観は「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」♪
これがまた強烈に美しい!ロック調のヴァンパイアとは恐れ入りました(笑)
次が「リーグ・オブ・レジェンド」という、またこれが普通でないドリアン・グレイ役!
お陰で、彼の印象は人間離れしております♪
だからでしょうか、まかり間違えれば結婚詐欺師みたいなアダムも彼なら許せる、
許すどころか、問題なく愛せちゃうのでしょうね。

アバウト・アダム アダムにも秘密がある [DVD]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

で、結局彼は何がしたかったの? 『アバウト・アダム アダムにも秘密がある』
Excerpt: 本日の映画:アバウト・アダム アダムにも秘密がある  レストランで歌手兼ウェイトレスとして働くルーシー。これまで数々の男性と付き合ってはみたものの、これといった男性にめぐり合えずにいた彼女は偶然店に現..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2005-10-22 13:38

WOWOW「アバウト・アダム アダムにも秘密がある」
Excerpt: 韓国映画「誰にでも秘密がある」のリメイク元作品。 3姉妹の末っ子の新しい彼氏に2人の姉達、母親、弟までもが夢中になってしまうといお話。 エピソードがいくつかに分かれており、同じ時間をそれぞれどう過ご..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-10-23 07:00

<アバウト・アダム アダムにも秘密がある> 
Excerpt: 2000年 アイルランド・イギリス・アメリカ 97分 監督 ジェラルド・ステンブリッジ 製作 アンナ・J・デヴリン  マリナ・ヒューズ 脚本 ジェラルド・ステンブリッジ 撮影 ブリュノ・ド・ケイゼル ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2005-12-11 00:57

about Adam アダムにも秘密がある
Excerpt: 「誰にでも秘密がある」のリメイク元となった映画を観ました。 DVDのパッケージには 「イ・ビョンホン、チェ・ジウ主演映画の原作ムービー!」と銘打ってありました。便乗商品かいなぁ~(笑) これを借りてる..
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2006-04-17 18:10